オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

三重県鈴鹿市の台風被害による瓦の破損についての見積もり依頼


三重県鈴鹿市にお住まいのお客様より、屋根の瓦の破損についてのお見積もりのご依頼がありました。

台風による強風により屋根の瓦の破損があり、そちらのお見積もりのご依頼をいただきました。

至急お伺いをし、屋根を見させて頂きましたところ、屋根の瓦が数十枚ほど剥がれ、飛散している状態でした。



瓦破損 街の屋根やさん四日市店
2階の屋根の瓦が20枚~25枚ほど破損しているようです。
瓦破損 街の屋根やさん四日市店
破損した瓦が落下して飛散している状態でした。
瓦破損 街の屋根やさん四日市店
一部分のみの破損のようです。
瓦破損 街の屋根やさん四日市店
ブルーシートで雨水の浸入を防いでいる状態です。

瓦の屋根は、雹や強風時の飛来物、アンテナの倒壊などによって瓦が割れたり、欠けたりしてしまうことがあります。その部分から雨水が浸入し、雨漏りすることもあります。
瓦の唯一の弱点が割れてしまうということです。割れたまま放置すると他の瓦がずれたり、干渉したりして、他の部分も破損することがあります。
破損した場所から雨水が浸入すると、防水紙や野地板を傷めます。最終的には雨漏りに繋がります。

また、瓦と瓦の隙間を埋めている漆喰が剥がれたり、崩れたりすると、その部分から雨水が浸入します。また、瓦を固定している力が弱くなっていますので、ちょっとした風や地震でも瓦がズレたり、落下したりする危険性が高まります。
 いびつな形のコンクリート片のようなものをベランダや庭先で見つけたら、剥がれた漆喰である可能性が高いです。

災害の多い日本。減災行動も必要です。弱ったり少し壊れてしまったところ点検なども、必要不可欠になってきますね。

ちょっとしたご相談もお受けしております。街の屋根やさん四日市店までご連絡ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

四日市市、外壁塗装、シーリング工事

本日は四日市市にて外壁塗装の前工程のシーリング工事を行いましたのでご紹介致します。築13年、110坪の大きなお家です、一階部分がRC造、二階、三階は木造住宅になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら四日市店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-659-663