オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

三重県津市の台風被害による棟板金のはがれ


三重県津市にお住まいのお客様より、台風による強風で棟板金が剥がれてしまったので、「棟板金をみてほしい」というご相談を受けました。

棟板金とは、スレート屋根(コロニアル系ですね)の一番尖った部分に被せる金属の山形の板のことです。 これがないと屋根のてっぺんなので、そこから水が入ってきてしまったりと大きな問題になります。 しかも、一番高い部分・出っ張っている部分ですので、台風や飛散物によって結構壊れやすい部分です。

また、屋根の上という確認しづらい場所にあるため、浮き上がってしまったり、飛んでいってしまったりしても気付かないことが多く、いつの間にか雨漏りしていたなんてこともあります。

  


s-DSCN0769-1
台風の強風により棟板金がはがれ、ぶらさがっている状態です。
台風被害 棟板金 街の屋根やさん四日市店
棟板金は不具合の多い部位です。物損事故や人身事故の危険性を避けるためにも定期的なメンテナンスが欠かせません

大型の台風が通過した後に多くのお問い合わせをいただくのが棟板金についてです。「落下してきた」、「飛散してどっかへ行ってしまった」、「変形した」といずれも強風による被害になります。その原因のほとんどは棟板金を固定している貫板(芯木とも呼ばれる部分、板金を留めるための木材)の腐食と劣化です。棟板金は貫板に釘で固定されています。そのため、貫板が劣化してしまうとどうしても固定する力が弱くなり、風に負けてしまうのです。
  棟板金が外れてしまうと、雨漏りに繋がります。いざという時、慌てないためにも定期的な点検を心掛けましょう。慣れていない方が屋根に上るのは危険ですので、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

作業員ポイント

三重県四日市市で外壁の現場調査にお伺いした際に確認しましたリシン吹付の外壁チョーキング現象(白亜化)とクラック(ヒビ割れ)が発生しておりましたので良く頂く質問に「チョーキング現象(白亜化)・クラック(ヒビ割れ)とは何ですかと?!」「どのよな...........

四日市、車庫雨漏れ、車庫塗装

本日は四日市市のお客様より駐車場(車庫)に雨漏れして、止めてある車の上に錆水が垂れて車が汚れてしまうと問合せがありましたので、現地調査に伺いました。鉄骨作りの一台分の車庫です、以前は上に建物が建っていたそうです。

ニチハのパミール屋根

三重県四日市市にて屋根無料点検に伺ってまいりました!!屋根の状態は剥がれと旧塗膜の劣化による防水性の低下が確認でき、屋根素材はニチハパミールを使用しており塗装ができない屋根材となり現在は販売中止となっております。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら四日市店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-659-663