オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

風速何メートルでどんな被害がでるのか?


台風被害 
こんにちは!街の屋根やさん四日市店です。

台風15号では猛烈な台風の風で多くの屋根被害がでました

ニュースでも風速○○mとよくききますが、何メートルでどういう被害がでるのでしょうか

風速0~0.4m/s 体感的には無風
風速3~5m/s 木の枝が揺れ始める 体感的には弱い
風速10~15m/s 電線が音を出すくらいの風
風速20~30m/s 樹木が倒れる 建物の倒壊の恐れがある
風速33~49m/s 瓦屋根が飛ぶ
風速70~92m/s 壁が押し倒され家が倒壊
風速117~140m/s 建物が跡形もなく吹き飛ばされる

天災はいつどれくらいの被害がでるのか予測が難しいところがありますが、わたしたちの生活を まもってくれているおうちを大切にするため、日々の点検はしっかりと行いたいところですね!

かわらのズレなどもメンテナンス修理はまだ大丈夫だろうと考えず、最小限のうちに補修・修理を行いこれ以上大きくしないようにしなければいけません。

近隣への被害をださないためにも大切なことといえます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら四日市店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-659-663