オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熱やにおいがこもる!!小屋裏の換気ってどうするの?


屋根裏換気
屋根裏、夏になると暑くて・・とお困りの方も多いはずです。 実は大体のお住まいにはついているのです。屋根と壁で屋根が出っ張った部分の裏側、軒裏天井と言いますがそこに穴の空いた部分(有孔板といいます)がないでしょうか?  あるいは天井裏と思われる部分の壁にスリットの入った飾りや穴のような部分(ガラリといいます)がありませんか?  実はその部分で小屋裏の空気を対流させて熱気や湿気を逃がしているのです。  夏に暑く、冬場に湿気があるお住まいはもしかするとこの小屋裏換気がうまくいっていない可能性があります。
屋根裏換気
 コロニアル屋根や金属屋根の場合、棟板金に換気装置の付いた(もちろん雨は入らず空気の出入りだけができるものです)換気棟というものもあります。これをつけることで有孔板やガラリと高さが違うのでより空気の対流が良くなり効果を発揮します。  小屋裏に収納を作ることも有効利用として良いのですが暑さや湿気の対策は建物を長く持たせる上で重要です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら四日市店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-659-663