オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

三重県松阪市にて鬼瓦の補修依頼


三重県松阪市にお住まいのお客様より、台風の被害による鬼瓦、棟瓦の破損部分の補修のご依頼をいただきました。

台風の強風により棟瓦の浮きや、鬼瓦の落下がみられました。

鬼瓦の浮きや欠落を放置すると、棟の内部に雨水が侵入して漆喰が崩れてしまいます。雨漏りの原因となってり、棟の積み替え工事などの大規模な修理が必要になる可能性があります。

そうすると、高額な修理費用が必要になるために、劣化を放置せずに早期解決をすることが重要です。

鬼瓦補修 街の屋根や四日市

棟瓦が浮いてしまい、中の漆喰が見えてしまってます。

このままですと雨漏りの原因となりますので、至急の補修が必要となります。

鬼瓦補修 街の屋根や四日市

雨樋も近い場所にありましたが、雨樋には被害がなかったようです。

鬼瓦補修 街の屋根や四日市

瓦を固定している{銅線}が切れています。

銅線が強風で切れてしまったようです。

鬼瓦補修 街の屋根や四日市

落ちてしまった鬼瓦です。二次災害が無かったようで安心しました。


日本では古くから屋根の棟端は家内安全・無病息災・災害回避などを祈る神聖な場所としてあがめられてきました。その厄払いに託したというシンボルが鬼瓦なのです。
実は、鬼面 だけでなく、鯱、雲や植物を具象化したものなど、様々な装飾瓦が作られていますが、平安時代から江戸時代まで鬼面が多かったことから、現在では鬼面の有無にかかわらず屋根の棟端を飾る瓦を総称して鬼瓦と呼びます。

年数がたつと劣化などで弱っている所に強い風や雨による損傷がでてくる場合があります。
見えない場所や高い場所等ふだんは気にならない場所も
メンテナンスを兼ねて、
なにか気になることや心配なことがありましたら、街の屋根さんにぜひご相談くださいね。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

四日市市、雨漏り、シート防水

本日は四日市市にて雨漏りがするとの事で、現地調査に伺いましたのでご紹介致します。

三重県四日市市雨漏り補修はお任せ下さい

三重県四日市市での雨漏り補修はお任せ下さい!!これまでに街の屋根やさん四日市店では数多くの雨漏り補修を、これまで四日市市を始め三重県にて多くさせて頂いております。

三重県四日市市サッシの シーリング工事

本日の街の屋根やさん四日市店の現場ブログは、三重県四日市市サッシのシーリング工事の風景となります!!シーリングは他の外壁塗装や外壁材に比べ寿命が短く耐用年数は7〜10年程度ですので早めのメンテナンスが必要になる箇所です。外壁塗装や外壁材の寿...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら四日市店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-659-663