庇からの雨漏り


庇の修理
 メリットの多い庇ですが、
サッシや玄関のシーリングされている部分から雨漏りしにくくなるというメリットはあるのですが、実は古くなってくると庇に不具合が発生し、それが原因で雨漏りが起こりえることもあります。


 庇の形状を見てもらえば分かりますが、屋根よりも勾配が少ないことの方がほとんどです。

 サイズが屋根のように大きくはないので、問題となることは少ないのですが、排水性が高いとは決して言えません。


庇の上側、横、下側、外壁の取り合い部分のシーリング、庇の表面の下の防水紙、それらが傷み始めるとそこから雨水が浸入しはじめます。



庇メンテナンス
また、庇と外壁の取り合い部分(取り付けられている境目の部分)クラックが入りやすい部分でもあり、そこからも雨水が浸入する危険性があります。


庇からの雨漏りの特徴として、雨水が外壁と内壁の間に染みていくため、なかなか発見しづらいということがあります。

庇修理
庇が原因となり気づかないうちに雨漏りが進行していたということがありますので、充分にお気をつけください。発見しづらいだけに、気付いたらかなり進行していたということも多いのです。


築年数がそれなり経過しているお家の場合、庇の骨組みがしっかり組まれており、なおかつ柱などの構造体に取り付けられていることもあります。


 こういった場合、腐食が進行してしまうと、内部の構造体まで補修しなければならないケースも出てきます。

 場合によっては外壁などを剥がさねばならず、かなり大規模な工事になってしまいます。

日ごろからの点検やメンテナンスが大切といますね

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら四日市店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-792-118