瓦メンテナンス


瓦メンテナンス
古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか? 

 瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類できます。 そして瓦の種類によってメンテナンス方法も違ってくるのです。
瓦メンテナンス
 【和瓦】日本瓦とも言います。材料は粘土を使って焼き上げています。釉薬を使って表面をコーティングした瓦と無釉薬の素焼き瓦の2種類に大別されます。 メンテナンス方法としては特になく、傷んだ部分は交換して屋根を維持していくことになります。 和瓦のメンテナンス 一般的な瓦(粘土瓦)は上記で述べたとおり、交換することで瓦のメンテナンスをしていきます。  和瓦はほとんど同じ形、サイズとなっています
瓦メンテナンス
 S字瓦、平板瓦等形状は様々です。洋瓦のほとんどは釉薬を使用して仕上げています。 

 メンテナンス方法は上記と同様、傷んだ部分を交換することで屋根を維持いたします。

 洋瓦は出しているメーカーにより形の違うものが多数あります。メーカーが製品を出しているうちは良いのですが廃盤になった場合、唯一のメンテナンス方法である交換工事ができなくなる場合がります。 
 その場合はコーキングなどで補修をするか、最悪全部を葺き替える工事をする必要性も出てきます。
瓦メンテナンス
粘土瓦に変わって一時期流行した瓦にセメント瓦とコンクリート瓦があります。  これはそれぞれセメント、コンクリートを使って成形した瓦で型に起こして作成するので、ほぼ同じ形に仕上がり、焼きムラなどがない分、重宝すると思われていました。 この瓦は塗装工事でメンテナンスが可能ですのでそういった部分でも流行ると思われていたのですが重量が重く、瓦に取って代わることはできず、今では生産されていないものがほとんどになっています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら四日市店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-792-118