オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

雨が多い季節の変わり目 屋根の形状と雨の関係性


kouji-bousui8-simple
戸建て住宅の場合、現在でも三角の屋根というお住まいが大半です。建築用語に「雨仕舞い」という言葉があります。これは雨と雨水が家屋内部へ入らないように処理することです。三角屋根はシンプルな形状の上、勾配もあるので雨水をスムーズに排水できます。
kouji-bousui9-simple
屋上が設けられるような屋根(陸屋根)は平らに見えますが、排水を考えて僅かに勾配がつけられています。
それでも三角屋根などに較べれば、水が溜まりやすく、排水性能は低いと言わざるえません。
当然、漏水や雨漏りなどのリスクは高くなります。
kouji-bousui10-simple-columns3
 ベランダやバルコニーの床にも排水を考えて僅かに勾配がつけられていますが、ほぼ平らです。
面積が広ければ広いほど、漏水や雨漏りなどのリスクが高まります。
kouji-bousui11-simple-columns3
 太陽光パネルに効率よく発電してもらうためには、勾配が必須となります。
そのため、屋根には勾配がついているお住まいが多いのですが、これもまた問題を抱えています。

屋根の専門知識を持っていない太陽光発電設置業者が取り付けてしまうこともあり、設置の際に屋根を壊してしまうばかりか、変な固定の仕方をして後々、不具合を招いたケースもあります。 

実際に街の屋根やさんにはそのようなケースで雨漏り補修を依頼されたことが複数あります。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505