オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

三重県四日市市にて、鉄骨造建物の雨漏り調査を行いました


三重県四日市市にあるビルの雨漏り調査に行ってきました。

まだ簡単に確認しただけなのですが、部分的な補修では難しそうな印象を受けました。

建物は五階建ての上に塔屋がある鉄骨造の中層ビルです。

ここ25年ほど、メンテナンスらしいメンテナンスは行っていないそうですが、、、

木の小幅板を張った様な壁の、入り隅部や目地などが黒ずんでいる。
白い壁紙が剥がれかかっている。

まず室内から確認。

壁の変色、壁紙の剥がれ等の典型的な症状が現れていました。

勿論即座に雨漏りが原因ですと言い切る訳には行きませんが、カビの発生や木材の腐朽などが進行していれば、健康上の不安もあります。

構造を支える鉄骨が錆びたりしていなければ良いのですが。

次に屋上に上がっての確認です。

陸屋根の上に室外機が並んでいるという、ビルではよく見かける光景ですが、一目見ただけで痛みの激しさが分かりました。

屋上のシート防水は浮き上がり波打っている。切れ目も見える。

陸屋根というのは一見すると平らな屋根なのですが、僅かな勾配を付けて排水口に水を導くようになっています。

この建物ではシート防水を採用している様ですが、そのシートが浮き上がり、波打っています。

写真の様に表面が波打っていると勾配はまったく役に立たなくなってしまい、屋上に水溜りをつくってしまいます。

シート防水は陸屋根の防水に使われる防水方法で、短工期で比較的安価に施工できます。

その耐用年数は10年から15年ほどですが、耐用年数以内であっても定期的なメンテナンスが必要です。

一般的な屋根とは異なり、陸屋根にはきつい勾配が無いため特にメンテナンスには気を配る必要があります。

それが、25年間ほぼ手付かずだったという事で、シート防水には多くの切れ目を見つける事ができました。

こうなると水溜りをつくるどころか、下の建物は水浸しになっているかも知れません。

鉄骨構造の建物のALC版の外壁というオーソドックスな取り合わせ。

しかし屋上の防水を行えば全て解決とは行かないでしょう。

このビルの外壁はALC版という軽いコンクリート版で出来ています。

鉄骨造にALCの外壁というのはごく一般的な組み合わせなのですが、このビルが建てられた当時の工法では、ALC版は相互の噛み合わせが無く、構造体の鉄骨にALC版を固定して突付けの目地をコーキングしただけという物でした。

鉄骨とコンクリートでは変形の仕方が違うため、地震力を受け流すための合理的な構造なのですが、このコーキングの寿命は建物の寿命に比較して非常に短いという問題があります。

つまり、この外壁の目地から雨水が浸入している可能性があるという事です。

屋上のシート防水と外壁の目地が雨漏りの原因でしょうか。

ですが、まだ気にな点がありました。

外壁のフードの無いベントキャップ。上半分にコーキングが盛られている。

上の写真で二つ並んだ丸い穴。

これは通気ダクトのフタで、ベントキャップと言います。

ベント(vent)とは、穴、通気孔、スリット等の意味があります。

スーツの上着の裾にあるベントと同じ単語です。

フードが付いている物もありますが、この建物のベントキャップは全てフード無しでした。

気になるのはコーキングと思しき物が上側に塗りたくられている事です。

これでちゃんと施工できているのでしょうか?

陸屋根の外周を囲うパラペットの笠木。

もう一つはパラペットの笠木です。

パラペットとは屋上の縁をぐるっと囲う低い壁の事です。

陸屋根には庇が無いため軒樋を設置できませんから、縦樋に雨水を集めるために屋根全体を樋に見立てている、と考えればイメージしやすいでしょうか。

そのパラペットを保護するカバーの事を笠木と言います。

写真を撮っていないのですが、笠木とパラペット本体の間に隙間があるのが気になりました。

現在では通気構造として隙間がある笠木もあるのですが、以前は単に金属板等を貼り付けただけでした。

計画されていない隙間へ風にあおられた雨水が入り込むと、なかなか乾かず、建物に浸み込んで行ってしまう事もあります。

一口に雨漏りと言っても、その原因は様々です。

そして原因箇所が一つとは限らないという点にも注意が必要です。

今回は簡単に現場を確認した程度ですが、今後足場を組んで本格的な調査に取り掛かる事になるでしょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

四日市市の外壁シーリング(コーキング)にて打ち替え工事を施工

シーリング打ち替え前
シーリング打ち替え後
工事内容
その他の工事
使用素材
オートンサイディングシーラント
築年数
7年
建坪
保証
工事費用
約40万円
施工事例

四日市市にて雨漏り被害の修繕としてコーキング、板金工事の施工について

s-kannkikadoS3145736
6c916ee1dfa6dd3939388c183dc11d1b
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
使用素材
コーキング材
築年数
20年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約15万円
施工事例

三重県松阪市阿形町にて住宅の外装リフォームとバルコニーFRP防水施工

三重県松阪市阿形町にて住宅の外装リフォーム前の写真。
三重県松阪市阿形町にて住宅の外装リフォーム後の写真。
工事内容
外壁塗装
その他の工事
使用素材
シリコン塗装、レンガタイル、FRP防水
築年数
16年
建坪
40坪
保証
2年
工事費用
600万円

同じ地域の施工事例

施工事例

四日市市にて角波板金にて軒天補修を行いました

四日市市、軒天破損
四日市、軒天補修
工事内容
破風板・軒天部分補修
足場
台風
使用素材
角波板金
築年数
築35年
建坪
保証
工事費用
15万
施工事例

四日市市にて瓦屋根の部分補修工事を行いました

四日市、瓦破損、雨漏れ
四日市、瓦修理、雨漏れ
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
足場
使用素材
既存瓦、屋根土
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
32万
施工事例

四日市市にて外壁、屋根塗装、雨樋交換、車庫塗装を行いました

塗装、雨樋交換前
外壁、屋根塗装、雨樋交換
工事内容
雨樋交換
外壁塗装
屋根塗装
擁壁塗装
足場
使用素材
エスケー化研セラミシリコン、ヤネフレッシュシリコン、PC50(パナソニック)
築年数
35年
建坪
35坪
保証
外壁10年、屋根5年
工事費用
160万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

換気口破損 街の屋根やさん四日市店 津市

津市にお住まいのお客様より、台風被害により設置テラスが破損し、飛散物によりご自宅と近隣宅の外壁部の換気口カバーが破損したとご相談いただきました。放置しておくと雨水が侵入し雨漏りなどの原因になってしまいます。少しでも被害が拡大しないよう、早急...........

雪被害 テラス工事 街の屋根やさん四日市店

三重県四日市市にお住まいのお客様より、雪の被害によるテラスのポリカパネルの破損のご連絡をいただきました。ガラス張りでできたサンルームやテラスは強風や突風の衝撃、飛来物の衝突、積雪の重み、落雪の衝撃など多くの自然災害による被害を受けやすい場所...........

テラス工事 街の屋根やさん四日市店

三重県四日市市にお住まいのお客様より屋根の点検補修のご依頼をいただきました。
雨樋の交換と、テラスの工事をさせて頂くことになりました。
テラスの現状は、本体自体、劣化が進んでおり既存のテラスを撤去し新しいテラスを...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら四日市店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-659-663