オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

津市の事務所スレート屋根リフォームの依頼


三重県津市の事務所様よりスレート屋根のリフォームの依頼をたまわりました。
屋根材のコロニアルは、10年に1度メンテナンスを塗装を行いますが、30年以上経過していると屋根の状態を確認して、カバー工法もしくは葺き替えでリフォームします。
2004年(平成16年)以前に製造されたコロニアル材はアスベスト含有されており、コロニアル屋根材のリフォームはカバー工法が最もスタンダードな工事方法です。
屋根カバー工法とは、既存の屋根の上に軽い金属屋根を重ねて張る工事方法です。
メリットとして、①工事費用を安くおさえられる。②金属屋根裏面の断熱材が有り、さらに屋根が2重になるため断熱性や防音性、防水性が向上する。③工期短縮。④アスベスト撤去による拡散対策や多額費用などの問題がない。が挙げられます。

スレート屋根 コロニアル材 街の屋根やさん四日市店 津市
屋根材のコロニアルの色あせ、塗膜剥がれ、苔やカビが発生しています。
また、ケラバの塗装が剥がれ錆が生じている箇所があります。
スレート屋根 コロニアル材 街の屋根やさん四日市店 津市
屋根の端部分がヒビ割れや欠損しています。
ケラバ損傷 街の屋根やさん四日市店 津市
ケラバが錆び、破風板(はふいた)との隙間が生じています。
そこから雨風が侵入し、下地板の野地板(のじいた)が腐食しています。
ケラバ破損 街の屋根やさん四日市店 津市
ケラバと破風板との隙間が広範囲に生じています。
屋根カバー工法 街の屋根やさん四日市店 津市
ケラバ部分に一部損傷があったので、野地板(のじいた)重ね張りカバー工法を行いました。
既存コロニアル材の上に野地板と下葺き材のルーフィング(防水シート)、ガルバリウム鋼板の屋根本体を張る工事方法です。
ケラバ 破風板 街の屋根やさん四日市店 津市
ケラバと破風板との隙間もなくなり、きれいに修繕されました。
スレート屋根のコロニアル材は、メーカーによると30年ほどの耐用年数とされており、10年に1度、屋根部分の補修メンテナンスと、30年を目安にガルバリウム鋼板屋根へのカバー工法もしくは、葺き替えのリフォームを推奨されています。
古いコロニアル材はアスベスト含有されており、撤去作業が大変な為、葺き替えよりカバー工法が主流なリフォームです。
また、カバー工法には、「直接下葺き材張りカバー工法」と「野地板重ね張りカバー工法」の2種類があります。
但し、腐食や雨漏りが酷い場合はカバー工法を行うことができませんので、早めにリフォームを検討されることをお勧めいたします。
気になることや心配なことがありましたら、ぜひ街の屋根やさん四日市店にご相談くださいね。無料見積りさせて頂きます。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

四日市、トヨタホーム、ベランダ雨漏れ

本日は四日市市のお客様よりベランダから雨漏れするとの事で現地調査に伺いました。三階建てのトヨタホームの立派なお宅です、建てられて数年でベランダから雨漏れが始まったそうです。ベランダの下がリビングになっていて、最近のゲリラ豪雨で雨漏れが激しく...........

東員町、瓦屋根、雨漏れ

本日は東員町のお客様より、一階部分が雨漏れするとの事で現地調査に伺いました。5年ほど前に一度リフォームをされたそうです。その時に瓦も見てもらったとの事でした。現在ゲリラ豪雨などの強い雨の日はバケツで受けるほど雨漏れするそうです。

四日市、漆喰修理、火災保険

本日は四日市市のお客様より先日の台風10号に伴う強風で屋根から漆喰が落ちてきたとの事で伺いました。築20年の木造住宅です。少し離れた場所からでも漆喰が剥がれ落ちて下地の土がむき出しになっているのが分かりました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら四日市店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-659-663