オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

雨漏りの主な原因は vol.2


4
外壁と外壁の繋ぎ目の部分や窓枠に使用されているコーキングが劣化し、痩せたり、ひび割れを起こしたりすると、そこから雨水が浸入してきます。  また、外壁にできたクラック(亀裂)からも浸入してきます。クラックが微細なうちはまだ良いのですが、ハガキ程度の厚さになると危険です。クラックを見つけた場合は広がっていないか、定期的に点検してあげましょう。コーキングの点検もたまにしてあげてください。
雨漏りの原因は床面の不具合
勾配がほぼなく、水が溜まりやすい構造をしているのがベランダやバルコニーです。人が歩いても大丈夫なように造られていることから、とても頑丈そうに見えますが、中の防水層はとても薄いので、強い衝撃を与えるのは厳禁です。植木鉢を落としたりすると、傷ついてしまいます。床面の色褪せ、ざらつき、ひび割れを発見した場合は早めにトップコートを塗布し直してください。そこから雨漏りに繋がることもあります。  ベランダやバルコニーからの雨漏りはその下にある1階の天井や壁に現れることがほとんどです。
6
 雨水が室内への浸入しなくても、天井や壁に雨漏りのようなシミができることがあります。このような場合はお住まいの中を通っている水道管や排水管からの漏水を疑ってください。水道管や排水管も経年で劣化していくので、継ぎ目などから漏水してしまうこともあります。外部からの浸入とは違い、お住まい内部は防水されているわけではないので、シミはどんどん広がっていきます。 このようなケースでは水道メーターのパイロット部分を確認してみましょう。水を使用していないのにパイロットが回転していた場合、漏水の可能性大です
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505